Mark Tan

Mark Tan/取締役CFO

ニュージーランド出身。東京大学大学院を首席で卒業後、三菱東京UFJ銀行でテクノロジー・セクターにおける大企業取引の業務に従事。その後、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の投資銀行部門でテレコム・メディア・テクノロジー業界の担当チームの一員として、5年に亘り、東京及びニューヨークのオフィスで複数のIPO及びM&A案件を執行。2019年上旬にフィネス・ベンチャーズを立ち上げ、取締役CFOとしてゼロフィードにジョイン。

-ゼロフィールドとの出会いのきっかけは?

半歩先のテクノロジーであるブロックチェーン技術のプロジェクトに携わっていた際の経営陣の紹介でゼロフィードに出会いました。
様々な最先端技術に関する事業作りに成功していくること、また次世代のテクノロジーを次々と開発して来た実績に魅力を感じ、ゼロフィードに取締役としてジョインしました。

-どういった業務を行っていますか?

ゼロフィードの日頃の財務・経理業務をサポートしています。顧問税理士や弁護士、銀行や保険会社などの外部ステークホルダーとコミュニケーションを取りながら、ゼロフィードの事業拡大を支えています。

-やりがいに感じる点は?

自分が作ったモノをユーザに使ってもらって、喜んでもらうことがやりがいです。
プロダクトを作っていく中で新しい技術や知らなかった知識を身に着けられることもとても楽しいですね。

-最後に、今後の目標を一言お願いします!

ゼロフィードの今後の成長フェーズに合わせて、多くのステークホルダーと連携しながら必要なリソースを提供してまいりたいと思います。

Menu

0%