平嶋 遥介

平嶋 遥介/取締役 CTO

大学・大学院ではソフトウェア工学を専攻。大学院修了後、国内最大手SIer企業にて銀行の基幹システムのSEに従事。銀行システムの預金や顧客管理の機能開発に携わる。

-まずは自己紹介をお願いします。

株式会社ゼロフィールドの取締役の平嶋です。

-ゼロフィールドの創業の経緯は?

「自分達で新しい価値を生み出していきたい。人々に提供していきたい。」という思いで創業しました。ゼロからだからこそできること・持てる考え方があり、それがゼロフィールドの強みの1つであると考えています。

-代表との出会いのきっかけは?

前職に従事する中で、大手日系企業が持つ安定性やライフワークバランスなどのメリットよりも、エンジニアスキル・自身の市場価値の向上にはほとんど結びつかない日々に不安を感じていました。若いうちにもっと働いて、自分の力試し・スキルアップがしたいと思い退職を決断しました。将来的に起業を視野に入れて、ベンチャー企業を対象に転職先を探している中で、ベンチャー向けの採用論のセミナーで村田と出会いました。その日に次に会う約束をし、次にあった時には共に創業することを決めました。

-なぜ機械学習やAI、ブロックチェーンの事業をやっている?

元々銀行の基幹システムの開発をやっていたことから、ビックデータ関連の技術には興味がありました。

また、少人数のチームで事業を進めていく中で、業務を効率的に行うことが課題として挙がってはいたものの、分析や改善案を練る時間は中々取れませんでした。そこから、この課題はうちだけではなく、どの会社でもある課題なのではないかと考え、「Qasee」は始まりました。業務を可視化させ、業務効率を向上させるためには、既存の分析方法やロジックにプラスして、機械学習を用いてることで、今までになかった分析や改善案が出せるのではと考えています。

-エンジニアとしてやりがいは?

一番は、自分達が作ったもので社会に対して影響を与えられることだと考えています。人々の暮らしを新しい技術やサービスで変えることが私の野望です。大きなものでも、ニッチなものでも、本当に必要とされ、使用され続けるサービスを作りたいと考えています。

-求めるエンジニア像は?

新しいことに対して前向きな姿勢は必須だと思います。また、スタートアップでは、プログラミング以外の業務も多く、エンジニアリング以外でも広い視野が必要になると考えています。

-最後に今後の目標をお願いします。

社会を変えるようなサービスを提供できるように、毎日ベストを尽くして、ゼロフィールドという会社がもっと知られて、求められるようにしていきたいと思います。

Menu

0%